失敗しない脂肪吸引術|安全性が高く信頼できるクリニックを利用

女性

白く若々しい肌に

顔を押さえる女の人

異なるレーザーを使用

美容外科でのレーザー治療では、目的によって異なるレーザーが使われています。具体的にはレーザー治療は、肌から余分なものを除去するために、そして新陳代謝を促すためにおこなわれています。そして前者の場合は、熱で肌を部分的に蒸散させるルビーレーザーやCO2レーザー、後者の場合は肌を深部まで温めるヤグレーザーが使われているのです。また前者のレーザー治療では、肌表面が熱で焦がされることで、シミやイボ、ホクロなどが除去されます。後者のレーザー治療では、肌の深部で新しい細胞が作られることで、古い細胞が排出され、それによってくすみやたるみなどが改善されていくのです。白く若々しい美肌にしていくことができるため、いずれのレーザー治療にも高い人気があります。

クリームやテープで保護

ただし、レーザー治療後には肌をしっかりと保護する必要があります。なぜなら、シミなどを焦がして除去するレーザー治療では、除去後には新しい肌が作られるからです。新陳代謝を促すレーザー治療でも、もちろん新しい肌が作られます。そして新しく生まれたばかりの肌は刺激を受けやすく、たとえば紫外線を浴びるだけでも、くすんだり乾燥したりすることがあるのです。肌トラブルを解消しても、新しい肌トラブルを起こしてしまったのでは、肌は美しくはなりません。そのためレーザー治療後には、刺激を防ぐためのクリームを塗ったりテープを貼ったりすることが大事です。1週間ほど保護を続けていれば、新しく作られた肌が十分に成長し、自身の力で刺激を防ぐことができるようになります。